スレッド一覧

  1. 愛国心を表わす事に問題は有るか。(5)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:15/3313 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

トランプ氏、就任したら「国連政策を変更」 入植非難決議受け表明

 投稿者:草莽愛知実行委員会  投稿日:2016年12月25日(日)01時21分41秒
  通報 返信・引用
  偽ユダヤの過激ニューディーラー派の支配終焉が、ヒラリー破れたりで決定的の中、ユダアメリカと言われた国内の惨状に鑑み、その偽ユダヤニューディーラー派と派生組織に引っ搔き回される、取敢えず、現在の世界の病理の根源から権力行使に入ったのは、その先の抵抗勢力の力を弱める事になり、トランプ次期米国大統領が公言して居た、数々の疑惑事件の追及に全力注入で行われると推察できます。米国の病理もこれにより、ガバナンスシステムも時間と共に改善されて行くと思います。また、露プーチンもシロビキに取り囲まれながらの四苦八苦体制下、如何にして、偽ユダヤに支配されて居たコミュンテルンにやられて居た時からの、こびり付いてるロシアの病理を脱するかが、米露協調関係の行く先を左右させるのも歴然です。
ドチラニしても、原爆投下と史実捏造の二つの国際法違反の、戦争犯罪問題を糺さない限りは、イルミネーターフリーメーソン改心派の、Aチーム、Bチームの環境なのが現実だと考えます。。一方のヒラリーを頼みの綱として居た巨大悪食派の、懐柔工作・分離分断工作には両国はもとより、世界人類レベルで状況把握に努める事は重要と思います。

取敢えず、巨大な世界の病理構造に立ち向かう分けですから、先ずは、安全運転を前面に関節技・ボディーブローで、相手が時間と共に崩れ落ちて行く作戦が最善と思われます。トランプ次期米国大統領はエセ人人権差別・人道に惑わされず、問題の本質的部分から信念をもっての考えて居り指導力は抜群ですし、安部首相の現状の様な、指導力と視野の狭いエセ人人権差別・人道に惑わされ、周りに流される自己保身政治を、トランプ次期米国大統領は行わないと確信します。
数々のテロ・暗殺の実績を持つ巨大勢力に、世界のネット民は現実社会に於ける情報にも、神経を配る支援応援も重要な行動と思います。





https://www.youtube.com/watch?v=o_VdJ3a2jjE&index=11&list=PLckn8YTGnZl_q47LoyW0xQXo4imhP12rS
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30110214



トランプ氏、就任したら「国連政策を変更」 入植非難決議受け表明
http://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3112335/
AFPBB News / 2016年12月24日 17時43分
>

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は23日、大統領に就任したら米国の国連(UN)政策を変更する意向を表明した。

 トランプ氏はツイッター(Twitter)に「国連に関して言えば、物事は1月20日以降に変わるだろう」と投稿した。トランプ氏は1月20日に大統領に就任する。

 このツイートは国連安全保障理事会(UN Security Council)で米国が拒否権を行使せず棄権し、イスラエルによるパレスチナでの入植活動の停止を求める決議案が採択されたことを受けて投稿されたもの。

 米国は、緊密な同盟関係にあるイスラエルを非難する決議案に拒否権を行使しないという異例の措置を取った。同決議案は15理事国のうち残る14か国全ての賛成を得て採択された。中東和平に関する安保理決議案が承認されたのはここ8年で初めて。

 エルサレム(Jerusalem)をイスラエルの首都として認めると公約してきたトランプ氏は22日、米国はこの決議案に拒否権を行使すべきだと断言していた。

 トランプ氏は次期イスラエル大使として強硬派のデービッド・フリードマン(David Friedman)氏を指名。フリードマン氏は、米政府はイスラエルに、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)での入植地を縮小するよう働きかけることはないと述べている。
【翻訳編集】AFPBB News


外部リンク

安保理、イスラエルに入植停止要求 米国棄権で決議案採択
トランプ氏指名の次期イスラエル大使、大使館のエルサレム移転支持
ガザで女性に死刑判決、パレスチナ自治区で20年ぶり 人権団体が懸念





【トランプ次期大統領】プーチン大統領から「米露関係は重要」との書簡、「素晴らしい」と評価
http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_wor1612240039/
産経ニュース / 2016年12月24日 18時39分
>
 【ワシントン=加納宏幸】トランプ次期米大統領は23日、ロシアのプーチン大統領から受け取った米露の関係改善を求める書簡を公表し、「プーチン氏からとても素晴らしい書簡をもらった。彼の考えは正しい」と評価する声明を発表した。書簡は15日付で、クリスマスと新年のあいさつ状として送られた。プーチン氏は書簡で「現代の世界の安定と安全を確保するため米露関係は重要であり続ける」と指摘。来年1月のトランプ氏の大統領就任後に「建設的、現実的なやり方で2国間協力の枠組みを回復できるよう希望している」とし、オバマ政権下で悪化した米露関係の改善を促した。


外部リンク

【トランプ次期大統領】戦闘機のコスト削減を表明 ロッキード社
イスラエルの入植非難決議案を採択 米国が拒否権行使せず 「状況は変わる」とトランプ氏
【トランプ次期大統領】プーチン氏が米露改善求める書簡 トランプ氏は評価
プーチン露大統領、核戦力の近代化を強調 トランプ発言を牽制「米より効果的」
【トランプ次期大統領】報道官にショーン・スパイサー氏起用




トランプ氏「核戦力強化」 プーチン氏に対抗か
米ロ競争の懸念
http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM23H1Q_T21C16A2FF2000/
2016/12/24付日本経済新聞 朝刊
>
 【ワシントン=川合智之】トランプ次期米大統領は22日、「米国は核戦力を大幅に強化・拡大しなければならない」とツイッターに投稿した。ロシアのプーチン大統領が同日、「戦略核戦力の軍事能力を強化する必要がある」と発言したことへの対抗とみられる。トランプ氏は対ロ関係の改善に動いているものの、米ロ間の新たな軍拡競争の可能性も懸念される。

 米ロの応酬の口火を切ったのはプーチン氏だ。米メディアによると「パワーバランスのあらゆる変化を注意深く監視しなければならない」と述べ、ロシアとして欧州などに配備される米国のミサイル防衛(MD)システムに対抗できる核戦力強化の必要性を指摘した。

 これに対してトランプ氏は「世界が核に関し分別をわきまえるまで」は自国の核開発強化を支持する姿勢を示した。

 ロイター通信によるとトランプ氏は23日、米MSNBCテレビのインタビューでツイートの真意を尋ねられ「軍拡競争をしよう。我々はやつらに勝つし、やつらより長く続ける」と述べた。

 プーチン氏は23日のモスクワでの記者会見では「米軍が世界最強であることを争う気はない」と軍拡競争を否定した。

 米ロは突出した核保有大国だ。ストックホルム国際平和研究所によると今年1月時点の核弾頭保有数はロシアが7290発、米は7000発。合計で世界の9割を超す。冷戦終了後の1990年代以降、核弾頭数は減り続けたが、最近は削減ペースが停滞している。

 2009年に就任したオバマ米大統領は「核兵器なき世界」を訴えた。10年にロシアのメドベージェフ大統領(当時)と新戦略兵器削減条約(新START)に署名、核軍縮の期待は高まった。

 ところが12年にプーチン氏が大統領に復帰すると、そうした機運はしぼんだ。ロシアが14年にウクライナへ軍事介入すると、米ロ関係の悪化は決定的となった。オバマ氏は今年5月、被爆地広島を現職の米大統領として初めて訪問したが、肝心の米ロ間の削減交渉は暗礁に乗り上げたままだ。

 後任となるトランプ氏は、核を巡る政策が不安視されてきた。

 大統領選中の4月、日本に対して「北朝鮮から自衛した方がいい。核兵器を含めてだ」と発言するなど、同盟国に核武装を促すとも取れる姿勢を示してきた。その後、一転して核武装発言を否定したが、核拡散についてオバマ氏ほど慎重ではないとみられる。大統領選で戦ったヒラリー・クリントン前国務長官は「核兵器のボタンを任せられない」と批判していた。

 トランプ氏は安全保障担当の閣僚に複数の元軍人を指名し、米軍の規模拡大にも言及してきた。日本などの同盟国には駐留米軍の経費負担を増やすよう求めている。

 核戦力を含めた実際の軍備拡大は課題が多い。米国では長年核戦力の更新に手を付けなかったため、冷戦期に配備した兵器の老朽化が進む。大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、戦略爆撃機などは施設を含めた更新費用が今後30年間で1兆ドル(約120兆円)との試算もある。




トランプ氏、米国の核戦力強化についての声明を説明
https://jp.sputniknews.com/us/201612243175946/
2016年12月24日 09:31短縮 URLhttp://sptnkne.ws/ddk5
>
ドナルド次期大統領は、核兵器分野での能力拡大についての先の声明を説明し、軍拡競争の場合、米国はあらゆる点において他のプレーヤーを上回ると述べた。ロイターが報じた。「軍拡が起こるなら起こればいい。我々はあらゆる面で上回り、誰よりも長く生きる」とMSNBCテレビに対し述べた。 先にトランプ氏はツイッターに、「世界が核に関して分別を取り戻すまで」米国は核兵器能力を格段に強化拡大する必要があると書き込んだ。




トランプ氏、就任式に誰を招きたいかを語る
https://jp.sputniknews.com/us/201612233172100/
2016年12月23日 15:51短縮 URLhttp://sptnkne.ws/dcKf
>
米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏は、1月20日に行われる就任式には有名人でなく普通の人々を招きたい、と述べた。「リスト『A』からいわゆる有名人がこぞって私の就任式へのチケットを望んでいるが、彼らがヒラリー(クリントン)に何をしたかを見てほしい。何も、だ。私は人々がいい」とトランプ氏がTwitterに記した。




トランプ氏はロシアを恐れてはいない
https://jp.sputniknews.com/politics/201612213164741/
2016年12月21日 19:25(アップデート 2016年12月22日 00:41) 短縮 URLhttp://sptnkne.ws/dbJM
>
トランプ次期米大統領の新政権は、米国の国家安全保障の主な脅威リストにロシアを加えなかった。マスコミによると、新政権の国防優先事項に含まれているのは、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国、ロシアで活動が禁止されている)との戦い、新たなサイバーセキュリティ戦略の策定、財政赤字の削減。

また文書では、中国と北朝鮮に関する米国防総省の代表者が出席するブリーフィングについて言及されている。 先に、2017年に予測される主なサイバー脅威について報じられた。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm30110214

 
》記事一覧表示

新着順:15/3313 《前のページ | 次のページ》
/3313