teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


なんてこった!CG定点観測のサイトが休止したなんてっ!?

 投稿者:Tの弐乗  投稿日:2011年 7月27日(水)14時50分11秒
  また一つの時代が終わってしまった。
それは地上波アナログ放送の終了よりも我々にとっては寂しくもゆゆしき事態でもあること。
ホームページのトップ絵を更新したら、定点観測が教えてくれていたけれど、これからは自分のサイトも他人のサイトも自らで調べなくてはならなくなってしまった。
定点観測を見て訪れてきてくれた人もおそらく来なくなり、これで過疎化状態にあったこのサイトも完全過疎化になることは必至の状況!!

まぁ、ぶっちゃけ、更新もまばらだし・・・自分でいうのもなんだが、あまり面白みのないホームページになってしまったな、Tの弐乗のサイトはlllorz

さて、どうしたものか・・・。
 
 

どうも、ノエルさん

 投稿者:Tの弐乗  投稿日:2011年 7月27日(水)00時58分52秒
  マブラヴ・トータルイクリプスがアニメ化ですか!!
これは期待半分不安が半分の・・・あの作品は作画にかなり気合をいれてほしいところ。原作が中途半端なところで終わっているのもちょっと不安材料ですね;^^
しかし、マブラヴファンとしては応援してますよd^^ぜひ、面白い作品に仕上げてほしいところ。

エンジェルビートを見られましたか!! 世間でも結構の人気作で、天使ちゃんがマジ天使ってぐらい可愛いらしいとの噂。私もチェックしたいと思ってますが、まだ見れてませんね・・・・;^^
 

「まどかマギカ ほむほむを描いてみた!」

 投稿者:Tの弐乗・TAMA  投稿日:2011年 7月26日(火)18時51分21秒
  かなりご無沙汰にトップ絵を更新しましたけど、やっぱりいつものとおり単発のワンキャライラストになってしまいました。
もっとキャラを絡ませた構図やネタ画像的なイラストも描きたいんですけど、なかなか描く気力が続かないんですよね・・・。
キャラが増えるとその分時間と労力がかかるから滅入るんだよな~、困る。でも、描きたい気持ちがある。そして、悶々とする。
まどかマギカはぜひ一度はカップリングで描いてみたいな~。
 

TEアニメ化決定!

 投稿者:ノエル  投稿日:2011年 7月25日(月)01時01分28秒
  マブラヴ・トータルイクリプスが2012年アニメ化決定だそうです。
来年のいつ頃かはまだ未定みたいだけど、これはちょっと楽しみかも。^^
 

Angel Beats (;^_^A アセアセ…

 投稿者:ノエル  投稿日:2011年 7月16日(土)16時51分18秒
  うわ、タイトル間違ってるしw
素でスルーしてました。^^;
 

Angel Beets

 投稿者:ノエル  投稿日:2011年 7月16日(土)16時33分40秒
  放映分をBDに録画していた奴を1話見たきりずっと放置していたのですが、この連休に見てみました。
ちょっと美少女ゲームにありそうな展開でしたが、なかなか面白かったですね。
ラスト12~13話ではホロっと来てしまいました。*^^*

昨日、原作者が執筆した小説「乙女はお姉様に恋してる2 窓越しの異邦人」を購入。
乙ボク関連は原作者以外にもHメインな小説とかも出ていますが、原作者の嵩夜あや氏の
このシリーズ小説は本編をきっちり継承していて大好きなんですよね~♪^^
乙ボク2のゲーム本編は買ったけどやっていませんが・・・PSP版買い直して通勤でやろうかな?
なんかアニメ化も決定してるみたいですけど・・・1の時みたいな話中途半端で終~了!とかは
無しの方向でお願いしたいです。(笑)

シュクレ>
群雄割拠ということは、もしやイラストが増えていたりいて?
ちょっと後で見に行ってみよう!^^



 

ノエルさん、早速の閲覧、ありがとうございますね~^^

 投稿者:Tの弐乗・タイタン  投稿日:2011年 7月 8日(金)02時04分51秒
  このイラストも、突然の依頼だったので、嬉しいながらも心びっくり、慌てていたのですよー。w
キャラクターの雰囲気が出ているというのは良かったです。そういう雰囲気作りといものがやはり大切ではないかと思っているので、そういうのが出せれていたなら嬉しい!
まあ、群雄割拠のただ中に置かれ、怯えているという状況ですががが。
 

見てきました~♪

 投稿者:ノエル  投稿日:2011年 7月 4日(月)00時28分46秒
  最近ADVの情報を全然チェックしていなかったので知りませんでしたが、戯画さんのゲームにしては
一風変わった感じですね。(SFが多いイメージがあったんですけど)
ストーリーは”潰れそうなお店再興”モノでよく使われるテンプレですけど、お店の雰囲気やキャラデザインとかすごく好感が持てました。

タイタン様の応援イラスト、探して見ましたよ~!^^
最初の1枚目ですね。
キャラデザと作品紹介を見ただけですけど、すごく作風にマッチしてて良いイラストですね~。
けなげで頑張り屋という千鶴の雰囲気が出てましたね。
うん、かわいいです♪^^


 

ご縁があって、戯画の新作「シュクレ」のゲストイラストを描かせてもらいました

 投稿者:Tの弐乗  投稿日:2011年 7月 3日(日)08時41分45秒
  ご縁があって、戯画の新作「シュクレ」のゲストイラストをTの弐乗・タイタンが描かせて頂きました。
ご興味のある方はトップのバナーから戯画ホームページへ跳んで、ご覧ください。
(ソフト自体は18禁ですが、タイタンの描いた絵は全年齢対象イラストです)
 

ノエルさんの職場も激戦区と化しましたか!?

 投稿者:Tの弐乗・TAMA  投稿日:2011年 6月14日(火)23時45分7秒
  職場でいきなりノエルさんも激戦地に投げ込まれてよくわからん状況のまま最前線ですか!? なんとも奇遇というか・・・こちらも私とタイタンともども職場や業種が違うにもかかわらず、新しい仕事をなんの前触れもなく上司から当日に言い渡され、それにかかりきりになっておりました。
タイタンの方はなんだか給料そのままで超多忙な管理職に引き上げられる可能性とかでてきたり・・・製作活動に暗雲が・・・lllorz

しかし、仕事でも私事でも急な変化は勘弁してほしいものですね;^^

p・s ノエルさんの方も早く仕事が落ち着くとよいですね。
    プリキュアに限らず、私のアニメの見方の見解とかもちゃんと話せば、ノエルさんにも理解してもらえるものと思っています。
私の言葉たらずや喩えの齟齬が多分にあったと今では反省しています;^^
実際、タイバニは楽しく観てますしd^^
 

激戦地に放り込まれました

 投稿者:ノエル  投稿日:2011年 6月 8日(水)13時00分10秒
  タマ様>
私が変な食い付きをしてしまったために、逆に申し訳ないです。
印象は人それぞれですし、たぶん世間一般のアニメ見ない大人な方はタマ様と同じような印象を持つと思います。
基本的に子供向け作品ですし。

激戦地>
レスが遅れたのもこのためで、いきなり激戦地に投げ込まれてよくわからん状況のまま最前線です。
短期とはいえ、早い戻りたい・・・・。

 

ノエルさんの言わんとする事はおそらく誤解無く伝わってると思います。むしろ、私の方こそ・・・

 投稿者:Tの弐乗・TAMA  投稿日:2011年 5月25日(水)10時19分54秒
  私はどうも文章になると書きなれないのか辛辣というか棘がある文章になってしまうようです。論理的に言ったり、感情的な文章になったり、論点がズレたりとなんだか誤解を招くような書き込みばかりになってしまったと反省しています。
タイタンがこの書き込みを見て「なんだかTAMAの書き込みには悪意はないのかもしれないけど、棘があるように感じる」と言われ、注意されました。
実際、そんなつもりはまったくないのですけど・・・タイタンに指摘され、第三者視点で読むと、私のコメントはきつい感じがして、居た堪れなく・・・。
悔しいのは私の文章力や表現の仕方が悪かったせいで、伝えたかった事が伝えきれない事・・。
人によってものの考え方や捉え方も違うし、好みも面白いと感じるベクトルの違いもありますけど・・・・・・他の作品を言葉で批評どうのこうのするよりも、Tの弐乗が出す作品の趣向が面白いかどうかが雄弁に私の言いたい本質を語ってくれるような気がします。

なので、頑張って早く「そのその」を作っていきたいと思いますd^^

 

いえ、そうではなくて

 投稿者:ノエル  投稿日:2011年 5月23日(月)03時08分42秒
  掲示板でこういった連続書き込みは良くないと思うのですが、誤解もあるようなので最後に。
たまたまプリキュアを見ての感想でしたのでそのコメントでしたが、TAMA様が「プリキュア、自分はダメです」と言ってもそれは個人の好みの問題ですから、そこを強制したり否定したりする意図はありません。
まあ今までTAMA様とは作品の好みがにてる部分が多かったので、正直残念ではありますけど。^^
「見ない方がよい」と言ったのは、ストレスになる位なら見るのを止めた方が良いということ。作品を批評・批判するなら最後まで見て言うのが筋ですが、娯楽で見る分にはどこで止めても個人の自由。
わたしもラノベでアニメ化決定の「這いよれニャル子さん」は1巻最初の方でダメでしたし。でも同じ作者の「深山さんちのベルティン」は面白くて仕方なかったです。
なので”好み”の面でTAMA様のコメントを辛辣云々とは感じていませんよ。^^
言ってしまえばTAMA様が納得されてるセラムンは、わたしにとっては好みでありません。
一応見てましたけど、「タキシード仮面・・・いくら助けてくれても格好はただの変た(ry」とか「マモちゃんマモちゃん言ってるミサトさんがウザ!」という理由で。^^;
セラムンファン、うさぎファンには「そこがかわいいんじゃない!」とおっしゃるでしょうが、こればかりは好みなので・・・すいません。

疑問や不満>
論点はまさに”そこ”なのですが、わたしが「そこ?」と指摘した点と、下のTAMA様コメントの意見の焦点がズレて感じていました。
下のTAMA様TIGERのコメントは「物語の設定や世界観」の裏付けについてですよね。その点は同感です。
アニメに限らず大きな意味での「SF作品」には裏付けが行き届いているとより面白くなる作品があると思います。
ただSFは、ぶちゃけてしまえば想像とデフォルメの産物で、現実にはあるはずのない世界を描いている物語。そのSFを面白いと感じるかは、見る人がどこまで許容できるか?だと思います。
タイバニやBATMANの”異常に犯罪の多い街”などを否定してしまうと、(裏付けがあれば入りやすいですが)その物語の設定自体を否定することになってしまいます。
人気作「攻殻機動隊」の一般社会へのサイボーグ化普及も、設定は情報化社会に追従してだったかと思いますが、現実にはモラルの問題やインプラントに対する肉体の拒絶反応、電脳の技術的問題など荒唐無稽な面が多いです。
そういう「物語の土台」につながる設定は、”郷にいっては”ではありませんがその物語を楽しむ上で飲み込むことも必要と思います。
マクロスFも、初代マクロスでは初航海の際に地球側が取り付けた半重力エンジンが船体を突き破ってマクロスは浮きませんでした。でも時がたってFではアイランド1なんて大陸丸ごとサイズが宇宙船になって旅してます。
そこは詳細には語られていないと記憶していますが、まあ年月が技術的解決に導いたのでしょう。d^^

わたしが「なにかズレてる」と感じているのはもっと細かい表現の部分にまで及んででした。
手をつないでマーブルスクリューで倒しちゃうのは、パターン化はあまり好きでないとおっしゃっていたのでこれは詮無いこと。
戦闘時の暗雲も、闇のパワーが世界塗りつぶすという表現的解釈を受け入れられるか、アニメだしとスルーできるかどうかなので、TAMA様風言えば寛大に見れるかどうかなのでしょう。
「ん?」と思ったのは崖から落ちた所のコメントについてです。
このコメントから設定の裏付け云々よりも、一度気になったら他の全てがNGになってしまっている様に見受けられました。
SF=デフォルメという前提で言えば、劇中の表現も”好みの境界”の問題なので、TAMA様の意見は「SFにも極力リアリティを追求する」という1クリエイター視点では正当なコメントです。
ただそればかりに視野を集中してしまうと、作品によっては物語の世界観や展開、キャラクターの行動が
止まってしまうというのがわたしの意見です。
多くの人が好きだと思う作品の「ドラゴンボール」。わたしはZよりも無印が好きなのですが、この作品
で悟空とクリリンが出た天下一武闘会での1シーン。
クリリンがくっさい臭い攻撃をする巨漢に負けそうにありますが、その時悟空が叫びました。
「おまえには鼻がないじゃないかー!」
で、クリリンは自分には臭い攻撃が通じないと気づいて無事に勝つんですが・・・見てて「えぇ~?ーー;」と思いました。(笑)
思いましたけど!^^;・・・ここ否定しちゃうとDBの作風とか展開とか全部NGになっちゃうじゃないですか。
結果、「まあDBだしね。クリリンだしね。」と思ってスルーしました。
先ののび太とジャイアンの例も同じですが、こういった「デフォルメ表現」の高ハードルというか厳しすぎな点と設定や世界観にまで広げたTAMA様のコメントに、わたしが感じた違和感というかちぐはぐ感があると思います。
なのはやまどかの「魔法」もマリみての「リリアン学園」も現実には「ねーよ!」というのが現実的な正当意見と思います。(感動的ではありましたが、まどかは思いの力で世界の成り立ちすら書き換えましたしね。)
でもSFの世界観、デフォルメ化の側面でいえば「あり」な設定ですよね。
TAMA様は一方の作品ではSF的な荒唐無稽の世界観や設定を「あり」と言いつつ、一方ではSF的表現に対して「現実的に許容できない」とおっしゃっておられます。
論争の元になったプリキュアでいえば、TAMA様のおっしゃる寛大に見れるか否か?ではなく、おもしろい部分もあると認識していながらもそれを上回る納得できないと思う「好みではない表現や展開」が多いのではないでしょうか?
最初のコメントで面白いとおっしゃられていたので、疑問点の解消に少しなりと手助けになればと思ってのコメントでしたが、たぶんTAMA様は
「人気のあるポイントは分析できたし確かに面白い点はあるけど、総合的に好きか?と言われれば自分の好みではない」
というのがわたしの印象なのですが、いかがでしょうか?
TAMA様の一連のコメントが”好み”なのに対して、わたしは”SF的表現や設定”で返していたことが、微妙に感じていた違和感・ちぐはぐ感の原因ではないかというのがわたしの結論です。
(好みというのが違うと思われるなら許容量と言い換えても良いです。その許容量が”SFの好み”の第一関門ですから。)
最後に、冒頭でも書きましたけど不快とかは全然思っていません。大丈夫です。^^
 

確かにプリキュアは観ない方がいいかもです;^^

 投稿者:Tの弐乗・TAMA  投稿日:2011年 5月22日(日)06時26分41秒
  一応プリキュアがどんな作品かやどんな場所が面白いのかが分かったのでリサーチという意味ではこの辺りで十分かも知れないですから、観るのは時間の兼ね合いもあるので見るのは控えようかと思います。
ちなみに「あまり好きではない類」ではありますけど・・・嫌いではないですし、「プリキュア面白い」と言ってる人達の”面白い”のポイントはもっと別の所にあるのも分かってますし、そこが面白いとも思って見てましたよw

ノエルさんは作品に対して実に寛容で大らかな見識で観て楽しんでいるようですが、「TIGER&BANNY」でも一応コメントを読むかぎり些細な疑問はありますよね?
そういった些細な疑問や不満がなくなった方がもっと楽しくないですか?
犯罪が多いにはなるほどな訳があるとか理由があった方が楽しくないですか?

じゃあ、どうすればもっと面白くなるのか、作品の「らしさ」を殺さず、面白いアイディアはないかと考えながら観ているので、必然の結果として不満点を上げてコメントする結果になってしまうんです。
(それをわざわざ掲示板に書くこともなかったのですが・・・あとの祭り)

プリキュアに関しては、私のそのときの精神状態やほぼ同時期に観た「フローズン」や「まどかマギカ」を観てしまった事によって、つい辛辣なコメントになってしまったのは否めません。

そういった意味では、ちょうど楽しんで観ていたノエルさんには不快な想いをさせてしまった事は申し訳なかったと反省しています・・・orz

p.s
PS3は私も現状どうなっているのか不安だったので、サイトに行ってみましたが、未だ閉鎖され、何の確認もできず、対策もほとんど取れない状況に不安が募る一方です。
せめて、アカウント情報を変更する窓口をはやく開設してほしいです。



 

プリキュアやめた方がいいかも・・・

 投稿者:ノエル  投稿日:2011年 5月21日(土)13時08分49秒
  TAMA様はプリキュア、見ない方がいいかもしれませんね。
人それぞれ楽しみ方がありますが、コメントからはTAMA様の「闇の琴線」に触れる作品としか受け取れません。
「闇の琴線に触れる」→「あまり好きではない類」になりますから、TAMA様には合わないんでしょう。
たぶんわたしを含めて、世の「プリキュア面白い」と言ってる人達の”面白い”のポイントはもっと別の所にあると思います。少なくともわたしはそう。
TAMA様のダメ出しは・・・そうですね、のび太がジャイアンに正面から顔面殴られて吹っ飛んでも血も出ない、毎回メガネ壊されてるのに親は何も言わないで放置してるのなんでだ?と言ってるのと同じ。
当然ですよね、そんな殺伐としたシーン、夢と希望のアニメでだれも見たくないですよ。
崖から落ちてなぎさが足折りました、ほのかが医者呼びに行きますって、アイテム探しがどっかいっちゃいますよね?
助けた小熊の近くにいたので、出てきた親熊に襲われて出先で大怪我しました。ほのかは瀕死の重傷ですって・・・え、プリキュア終わり?(笑)
実際にリアル追求するとこんな感じになるとおもいますけど、これじゃ意味分かんないですよ。^^;
プロデューサの鷲尾氏は「自分たちは子供向けとして作っていなかった」といっていますが、それでも流血シーンは絶対に出さない。でも代わりにダメージ表現は壁にめり込ませるなど周りの物の破壊で表現する。
顔は絶対に殴らない、でもそれだと攻防にリアルさが出ないから、顔への攻撃は絶対にガードさせるなど、見てくれる子供への配慮を制作上の制約として徹底させたそうです。
それでも初代は監督が「エアマスター」の西尾監督だそうですから、その制約で他と比べても遜色無く、むしろ”女児向けアニメでやりすぎ”と思うくらいよく出来てるとわたしは思います。
まあそういった点をギャグシーンとしてスルー出来ないなら、きっとTAMA様には「ダメ出しポイントが多い作品」なんだと思います。
一般のあまりアニメを見ない人の感覚に近いんじゃないかと思います。

ちなみに「あんま面白くない」とわたしが言っていた現「スイートプリキュア」、最近ようやく方向性が固まったせいなのか、段々面白くなってきました。
コンビも最近落ち着いたし、二人とも持つもの持ったしで、別に目線が行ったのが良い感じに波に乗り始めたということでしょうか?(笑)

最近「TIGER&BANNY」が好きで毎週見てます。
バットマンと同じで、リアル視点でいえば「犯罪多い街だな~」とか「犯人もこれだけヒーローいるのに、銃だけでよく犯罪起こすなあw」とか思いますけど、そんなの華麗にスルーで面白いです。
やっぱりいいよね、ヒーロー物♪
この作品は「ウイングマン」「電影少女」のマンガ家、桂正和先生が各ヒーローのデザインを担当してるそうですが・・・改めて凄いね、桂先生。
アメコミ風、最近の特撮風、アニメヒーロー風と多彩なヒーロー達が登場して、先週はダークヒーローも登場!
企業広告を背負ったデザインがまた秀逸。
物語も先が楽しみな展開になってきましたけど、やっぱり小鉄とバーナビーのコンビの絡みが良いですね~。

p。s。
SONY、いつまでネットワーク復旧待たせるんだ・・・。
日本だけまだ復旧されていないので、ツイッターで「経産省が止めてるらしい。ふざけんな!」みたいなコメントしてる人がいますが、あほかと。
お役所だよ?
「お上」ではなく「お役所仕事」のニュアンスで、そこの人達から見てもダメ出しが出ているんですよ。
どんだけSONYの保護プログラムの体制が不十分か、分からないかな?
カードの交換費用を保証する窓口と、アカウント情報を変更する窓口をはやく開設してほしい。

 

我輩は変である

 投稿者:Tの弐乗・TAMA  投稿日:2011年 5月21日(土)03時27分11秒
  皆さんは「フローズン」という映画をご存知だろうか?
今ならまだツタヤの新作コーナーにあるかも知れないサバイバルホラーものと呼べばいいようなジャンルのもの。
内容はスキーに行った3人の大学生がリフトに乗っている最中にリフトが諸事情により停止し、そのまま遭難状態になるお話。いくら待っても助けは来ず、足元には狼が!!なスリリングな展開。
実に私好みな展開に「これ、ある意味実にリアルな展開で面白いから皆見てよ!」と家族に薦めて、観賞後、家族はそのスリリングな展開にドン引き苦笑い・・・。

その後、私は続けて、アニメの初代プリキュアを観た。
内容は、あるアイテムを探して、山奥の湖にハイキングに行く話だった。
頭の中で先ほど見た「フローズン」の映像が甦り、嫌な予感を覚えた。
案の定、アニメの定番の展開が繰り広げられる。
中学生の女の子が10メートル以上あろうかという崖から落ちて、膝をすりむく程度で助かり、川でおぼれている小熊を助けるために泳げもしない金槌のヒロインが助けにゆく。
どうにか小熊を助けたところに母熊登場!!
そう、すべてアニメではよくあるストーリー!気にすることはない!!
と思っても先ほど観た映画の似たような展開のシーンが何気にリフレイン・・・・。
きっと「フローズン」を観たことがある方ならば、こんな私に「ご愁傷様・・・」と声を
かけるだろう。

敢えて、いわせてもらう!!
食べ物に食べ合わせがあるように、映画やアニメにも観合わせというものがある!!

食あたり、ならぬ、観あたりに注意しようd--

p・s  最近、すごく面白いというか気持ちを和ませてくれるのはアニメ「けいおん!!」だねd^^    あずにゃん ぺろぺろ(爆)
 

うむ、そうなんだけど、逢えて、そこが今は耐えられなかった

 投稿者:Tの弐乗・TAMA  投稿日:2011年 5月18日(水)21時26分19秒
  黒雲が現れるシーン・・・・そういえば、あれには名称がありませんでしたね;^^
ついついドツクゾーンと混同して勝手にあの現象をドツクゾーン化と命名して、書き込んでしまいました、お恥ずかしい;^^
実際、ノエルさんがいうように優しい気持ちで「そういうものだ」と見れば、良いのですが今はそれができる精神状況ではなかったという事です。
クリエイターとしてのジレンマみたいなものの葛藤を抱えて製作している状況だったので、
プリキュアの粗が過剰に許せなくなってしまったんですよ;^^

>それと「最初から手をつないで」・・・それ言っちゃうとヒーローモノ全てに当てはまっ>てしまうのですが。(笑)

とはいっても、大概の作品では弱らせてから必殺技という必然のパターンなので納得できるんですが、プリキュアはそれがなかったために「え~」となってしまった訳ですw
まぁ、もっともそもそも私は勧善懲悪ものやパターン化した作品はあまり好きじゃないんですけどね・・・;^^

>なら「手をつながせなければ」「一人の時をねらえば」「当たらなければ」なんてこちら>が想像しそうな戦法は、この後バンバンやられて二人は何度も互いの絆を試されるので>す。
Vそういう回はやっぱり人気あったり神回とか言われたりしてます。^^

まさにそこがプリキュアの面白いとこだと思いますし、ここまで世間にウケてる要因の一つだと思ってます。
まだ私が観ている話数は半分程度なので、見続ければ、そういった神回の出現で私の不満も解消できるかも知れないとも思ってます。
だから、今の段階でのプリキュアの感想や批難は妥当じゃないとは自覚してますよw

>もう少し柔軟に見てもよいかと。^^

本当にそう思います。ただ、職業病のようなものですからw

>劇場版マクロスF
>面白かったですか?

マクロスFの劇場版はいちクリエイターとして近年稀にみる歯がいましい内容でした。
最近の傾向として、テレビ、漫画、映画、ゲームと同様の作品を扱っているにも関わらず、エンディングや内容が変わるというまるで恋愛ゲームのマルチエンディングのような手法がとられる事が多くなりましたけど、これに関しては、失敗する可能性や面白くなくなる場合も多分にありますけど、私としては一つの方法論としてOKでした。
劇場版のエンディングはある意味の必然性からあの結末に至る過程で脚本スタッフの苦悩が垣間見えて、「OK、OK、これしか手がない」と納得してしまいました。
単純に映画が面白かったかと問われると、「面白いけど・・・微妙;^^」という感想ですlllorz
なぜ、面白いのに微妙という中途半端な感想が漏れるのかをタイタンとともに検証してみると、実に面白く興味深い作品なんですよね、マクロスFに関してはw
Tの弐乗内では近年稀にみる色々と議論できる作品ではありましたけどd^^
 

え・・・・・・そこ?

 投稿者:ノエル  投稿日:2011年 5月18日(水)01時16分23秒
  >「ドツクゾーンに適応されるルールが分からん! 最後は手を繋げば絶対勝てる展開、なら、初めから手を繋いで戦え!」

予想の斜め上どころか裏側行っっちゃったというか・・・予想してたTAMA様NGポイントとかけ離れてました。
う~ん、昭和初期生まれのお父さんみたい。^^;

納得して貰えるか分かりませんけど(笑)
マジレスすると、ドツクゾーンは正確にはジャアクキングが立ってる異世界のこと。
TAMA様が言ってるのはなぎさ達の世界で、ザケンナーや幹部が出てくると暗くなる街並みのことかな?
簡単に言えば疑似ドツクゾーンとでもいう感じ。
初代プリでは、幹部は異世界の”人間”ではなく闇が凝縮して力を持った存在が地球の人間形態をしてるだけ。動けないジャアクキングが手足として生み出した存在。
それがなぎさ達の世界で力をふるうと、周りの世界を闇のパワーで塗り変えちゃう。
でも退散すると世界が元に戻るのは、濃い霧だと視界が確保できないけど霧が晴れれば元に戻るのと同じで、闇の力がプリキュアの光の力で払われたせい。
初代~DX1までのプロデューサの鷲尾氏が言ってますが、敵を倒してもそれは消滅や殺害ではなく元の、力を持つ凝縮前のただの闇に浄化して戻すだけだそうです。
ザケンナーがやられると小さな★になって散らばっていくのも、元の街並みにどこにでもある何かの陰に戻ったに過ぎないというイメージでしょうか。^^
力を持った闇が見せる悪夢、でも思えばいいのでは?

それと「最初から手をつないで」・・・それ言っちゃうとヒーローモノ全てに当てはまってしまうのですが。(笑)
こと初代、2代目では「手をつなぐ」→「互いに信頼し合う行為」→「大きな力を生む」=必殺技の公式なんですが、まあぶっちゃけ必殺技なので最後はこれで決めないと。
なら「手をつながせなければ」「一人の時をねらえば」「当たらなければ」なんてこちらが想像しそうな戦法は、この後バンバンやられて二人は何度も互いの絆を試されるのです。
そういう回はやっぱり人気あったり神回とか言われたりしてます。^^
とは言っても日常話で心情面を重視したりすると尺がそっちに取られて、でも毎回戦闘シーン入れないといけないので、あっと言う間にマーブルスクリュでやっつけちゃう時もあったりしますけどね。
もう少し柔軟に見てもよいかと。^^

劇場版マクロスF>
面白かったですか?
2時間弱の尺に収めるためには仕方ないのですけど、変にいじりすぎなのが気になったのと、あの誰も幸せにならないラストは正直いかがなものかと。
救いはメガネ君が生き残ったことくらいかな?
TV版の”恋も歌も勝負はこれからよ♪”なエンディングの方が、わたしは好みでした。^^;
まあ劇場版では結果出してましたけど。

劇場版オールスターズDX3>
ペンライト振ってプリキュアに力が宿ると、大スクリーンでプリキュアが「ありがとう!」ってちゃんとみんなにお礼言ってくれます。(笑)
これが劇中は参加型ではなく、ストーリー的にそういう風になっているだけで、見方によっては参加型になるという演出はうまいな~と思いました。
大人の人達もみんな、きっと”心のミラクルライト”を振ってたと思います。^^
ここ毎年”朝までプリキュア”みたいなR18指定の劇場版一挙公開、1日限定イベントをやっているそうで、鷲尾Pや声優さんたちも参加しての大イベントとか。
今年はGWの5/6でした。
そこでは大人でもみんなミラクルライトが貰えるそうです。^^
 

見る時期が悪かったに尽きる感じです・・w

 投稿者:Tの弐乗・TAMA  投稿日:2011年 5月17日(火)11時51分12秒
  プリキュアは面白い作品であることは間違いないんですが、私事でほんとに見るタイミングが悪かったに尽きます。
理詰めでそのそののシナリオの修正作業をしていた頃でしたし、ほぼ同時期にまどかマギカを見てしまったのと劇場版マクロスFを見たことも拍車をかけた要員になりましたから;^^
「ドツクゾーンに適応されるルールが分からん! 最後は手を繋げば絶対勝てる展開、なら、初めから手を繋いで戦え!」とかついイラっとしてしまうんですよね。
同じ子供向けアニメといえば、セーラームーンがありますがそっちの方では敵を通常攻撃で弱らせてからじゃないと必殺技が効かないという理に適った感じでしたから。
見ているうちに浮かぶ根本的な疑問が解消されれば、プリキュアは面白い作品だけにストレスなく最後まで見れたかも知れないのが残念・・・。

また、そのその製作が落ち着いてから見れば、楽しめると思うので続きはそれからにしますよw

>意を決して「劇場版プリキュアオールスターズDX3」と、ついでに「ガンツ パーフェクトアンサー」見てきました

プリキュアも映画版となると作画レベルも上がり、個性派アニメーターを起用できて、いかんなくその演出を堪能できそうなので見る価値が私的にもありそうです。
ピンチになったら子供達がペンライトをみんな一斉に全力で振っている姿はなんだかほのぼのと和みつつ、笑える展開ですねw
映画と観客の子供との一体感を与える見事な演出ですね、まるで戦隊ショーみたいです^^
その様はかなり見たい!!

ガンツはテレビでやっていたアナザー版を見ましたが、なるほどな出来でした。
これなら楽しめそうです。
原作の漫画は毎回全て見てますが、ちょっと前に終わった小説は読んでませんが・・・映画版の違うエンディングはTVCMを見るだけでも面白そうですんで、見に行きたいですね。
 

それは残念

 投稿者:ノエル  投稿日:2011年 5月13日(金)02時15分57秒
  第1の試練(第8話のプリキュア解散の危機)を乗り越え、黒板消しダンスまで行って、断念とは・・・残念ですね。
8話は、この回で子供だけでなく、お父さんお母さん達、果てはいろんなジャンルの大きなお友達達まで一気に取り込んだと言われているそうです。
初代は制作サイドも初めてずくし(女児向けなのにヒロインが徒手空拳で格闘モノ。スタッフはそれまで女児向けのをやった事がない人ばかりだったそうです)にも係わらず、好きにやったせいなのか、ストーリー展開がかなり面白くよくできた作品なので、気づいたら影響されてしまっているというのも頷けます。
でも残念ですね。^^;

私もGW前から、以前「面白くなかった」と言っていた「プリキュア5」「プリキュア5GOGO!」を改めて見てみました。
2年目の「GOGO!」は後半少しネタ切れ感がを感じましたが、コスチュームのデザインやバトルシーン変身シーンなど、それまでの経験が生かされて良くなってました。
もちろん話も面白いのですが、ほかのプリキュアは1年がそのまま作品に反映されますが、GOGOはサザエさん時空なんですよねぇ。^^;
反面、「5」は恋バナな雰囲気もありますが、思っていたよりもきちんとプリキュアで面白かったです。
しかし・・・5人(GOGOは6人)が一度に変身すると、変身シーンが長いこと長いこと。(笑)

先週(我慢出来ず)意を決して「劇場版プリキュアオールスターズDX3」と、ついでに「ガンツ パーフェクトアンサー」見てきました。
最近のプリキュア劇場版は、ピンチになると”ミラクルライト”という映画館で子供だけ貰えるペンライトを振ってプリキュアに力を与えてほしいと妖精達が促してくるのですが・・・。
子供達、みんな一斉に全力で振ってました。^^;
ほっと羨ましかったです。(笑)

「ガンツ」は・・・これまた凄かったです。
可能な限りCGでなく、サラ地にする前の倉庫街を撮影場所に借りてバンバン爆破して撮影したそうで、映像も原作シーンにこだわって制作されたせいか、メチャクチャよく出来ていました。
まだ原作は続いている作品なので、エンディングはオリジナルなのですが、「原作もこうなりそう」と思えるくらいの出来でした。
TAMA様は今はこっちの方がストレス無く見れると思います。^^
正直言って日本SF映画なので、B級でも面白いといいな程度で1も見に行ったのですが、侮っていました。
 

レンタル掲示板
/61