スレッド一覧

  1. 愛国心を表わす事に問題は有るか。(5)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:28/3369 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

要は、韓国政府が外交合意文書の約束を、守るか破るかの段階の話である事を理解で無いなら外交努力は無意味と言う事です。。

 投稿者:草莽愛知  投稿日:2017年12月28日(木)06時51分46秒
  通報 返信・引用
  韓国内の民間と公権力との揉め事は韓国の内政問題です。日本が内政干渉する必要ない話です。その区別がつかず、日本に持ち込む事自体に判断異が見られ、常仮に韓国政府が頼んでも日本は法治国家ですと拒否するのみですね。

要は、韓国政府が外交合意文書の約束を、守るか破るかの段階の話である事を理解で無いなら、今後も韓国政府と議論しても役に立たないと明言してるのと同じですね。






https://youtu.be/gxlcMrQ-FA0




朴槿恵前政権の大統領府が“裏合意”と糾弾 「不可逆性」は韓国提案も明記
反応
http://www.sankei.com/world/news/171227/wor1712270031-n1.html
>>
27日、ソウルで記者会見する元慰安婦の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」のメンバーら(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】慰安婦問題をめぐる日韓合意を検証した韓国外相直属の作業部会が27日に公表した報告書は「被害者中心のアプローチが交渉過程に十分反映されなかった」と、朴槿恵前大統領が大統領府主導で進めた交渉を一方的に糾弾する内容となった。
 報告書が問題視したのは、2015年12月に当時の岸田文雄外相と尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が発表した合意内容以外の「非公開の部分」だ。
 日本側が元慰安婦らの支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」などの団体への説得を要請したのに対し、「韓国側は団体の説得努力をするとし、日本側の希望を事実上受け入れた」と指摘した。
 海外に慰安婦関連の碑などを設置する動きを韓国政府が支援しないとの約束を取り付けようとした日本側に対し、韓国側は非公開部分に「支援することなく」との表現を盛り込むことに同意したともしている。
 日本側が「性奴隷」という表現を使わないよう求め、韓国側は政府が使う公式名称は「日本軍慰安婦被害者問題」だけだとも確認したという



日本政府高官は「ばからしい」と一蹴、河野太郎外相談話「変更しようとすれば、マネージ不能に」
www.sankei.com/politics/news/171227/plt1712270039-n1.html
>>
 日本政府高官は27日、韓国政府が発表した日韓合意の検証結果について「ばからしい」と一蹴した。

日本政府は引き続き、合意の履行を強く求めていく。河野太郎外相は27日、「報告書に基づいて既に実施に移されている合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられない」とする談話を発表し、韓国政府にくぎを刺した。

 また、検証結果で慰安婦を「性奴隷」と呼ばないことなどを約束した非公開合意を公表したことについて、日本側は「非常に遺憾だ」と抗議した。

 韓国政府は26日夜、外交ルートを通じて検証結果の内容を日本側に説明、その際に非公開合意を公表する方針も通告した。一昨年末の合意段階では、非公開とするよう求めたのは韓国側だった。

 合意では、ソウルの日本大使館前の慰安婦像について、韓国政府が「適切に解決するよう努力する」と約束している。河野氏の談話ではこれらを念頭に「韓国政府が合意を『最終的』なものとして引き続き着実に実施するよう強く求める」とした。

 外務省幹部は河野氏の談話に関して「(韓国政府が)悪いことしているのだから、言うべきことを言うのは当たり前だ」とした。

 韓国側は2月の平昌五輪の際に安倍晋三首相の訪韓を求めているが、日本側は返答を留保したまま。文政権が合意履行の意思があるか慎重に見極めた上で判断する方針だ。


関連ニュース
【日韓合意検証発表】「『最終的かつ不可逆的』なものとして着実な実施を求めます」河野太郎外相談話全文
【日韓合意検証発表】朴槿恵前政権の大統領府が“裏合意”と糾弾 「不可逆性」は韓国提案も明記
【日韓合意検証発表】「問題再燃は不可避」…韓国が報告書、“非公開部分”も公表
「元慰安婦の意見集約不十分」「問題再燃は避けられない」…韓国、日韓合意を検証
【単刀直言】河野太郎外相 「河野談話の評価は『本人に聞けよ』という話だ」「日韓合意のゴールポストはもう固定された」



【日韓合意検証発表】「『最終的かつ不可逆的』なものとして着実な実施を求めます」河野太郎外相談話全文
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/
>>
 河野太郎外相が27日、韓国政府が一昨年末の慰安婦に関する日韓合意の検証結果を公表したことを受けて発表した談話の全文は次の通り。

1 本27日、韓国外交部長官直属の「慰安婦合意検討タスクフォース」が、平成27年12月28日の慰安婦問題に関する日韓合意についての検討結果を記載した報告書を発表しました。同報告書は、合意に至るまでの韓国国内における交渉体制や合意の内容について批判するものであり、既に両国内で履行されている合意につき疑義を呈するような考え方が韓国政府に対して示されました。
 2 一昨年末の日韓合意は、民主的に選ばれた日韓両首脳の下で、外交当局間の局長協議を含め、あらゆるレベルで努力を行った末に、当時の岸田文雄外務大臣と尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外相が、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認し、共同記者発表において表明したものです。また、同日に行われた首脳電話会談でも「最終的かつ不可逆的」な解決を確認しており、この合意は両国首脳間の合意でもあります。この合意は、両政府間において正当な交渉過程を経てなされたものであり、合意に至る過程に問題があったとは考えられません。
 3 日韓合意は、両政府間の合意であるとともに、国際社会からも高く評価されたものです。今般の報告書には、韓国政府の日韓合意についての立場は含まれていませんが、日本政府としては、韓国政府が同報告書に基づいて、既に実施に移されている合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられません。日本政府としては、韓国政府が合意を「最終的かつ不可逆的」なものとして引き続き着実に実施するよう、韓国側に対し、強く求めます。










試練であり、レッスンとは軽薄すぎる発言ですね。戦後の日本愚民化教育は、極左・カルトセクトの基盤母体の在日社会、即ち、朝鮮民族の無責任精神がコピーされ、日本のガバナンスも罹患してしまった状況です。




インタビュー:製造業の不祥事は「良いレッスン」=経産省局長
https://jp.reuters.com/article/meti-tada-interview-idJPKBN1EL0N7
>>
[東京 27日 ロイター] - 経済産業省の多田明弘製造産業局長は27日、ロイターのインタビューに応じ、神戸製鋼所(5406.T)や三菱マテリアル(5711.T)など伝統ある大手製造業で品質データを改ざんする不祥事が相次いで発覚したことについて、「日本の製造業全体の問題ではない。複数ではあるが、個社の(不正の)積み重ねが今回現れた」と述べ、国内の構造的な課題が表出した事態ではないとの見方を示した。多田局長は一連の問題について「良いレッスンになったのでは」と強調、今後の教訓として定着することに期待感を示した。
多田氏は、一連の問題に伴う日本の製造業や製品ブランドへの影響について、「(不祥事を起こした)個別の会社のレピュテーション(世評)には影響を与えたと思うが、日本の製造業全体のブランド、信用はまだ傷はついていない」と強調した。その根拠として同氏は「日本の株式市場全体が影響を受けているわけではない。日本の製造業と取引している(海外の)企業でキャンセルが相次いだというニュースには触れたこともない」などと答えた。
品質問題とは異なるが、企業統治で先進的な取り組みを実施していたと評判だった東芝(6502.T)が長年、不正会計に手を染めていたことが2年半前に発覚。品質データの改ざん問題では、榊原定征・現経団連会長の出身企業である東レ(3402.T)で子会社において不正が行われていたことが分かった。
「企業倫理」や「法令順守」などを率先して推進すべき立場の企業で不祥事が相次いだことにより、こうした規範が内容や実質を伴わない「お題目」に陥ることにならないのか。
この点について多田局長は「今回の不正が見つかった企業では、レピュテーションや株価に影響があった。自社の競争力に直結する問題であることが痛い程伝わったのではないかと思う」と述べた。その上で同氏は、産業界の各社が取引先に対して同じようなことをしていないと、「現場が確認をし合っているのではないか」と指摘、国内製造業において自発的な対応が進んでいるとの見方を示した。
他方で同氏は、神戸製鋼などによる失態とは切り離し考えるべきと断りつつ、少子高齢化の影響が製造現場にも及んでいるとの見方を示した。

© REUTERS インタビュー:製造業の不祥事は「良いレッスン」=経産省局長
多田氏は「量的な人手不足」に加え、「質的に必要とされる能力と技量にミスマッチがある。IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ソフトウェアを理解する人材が製造業でもっと必要だが、そうした人が足りない」などと、課題の存在を挙げた。
(浜田健太郎 マルコム・フォースター)


 
》記事一覧表示

新着順:28/3369 《前のページ | 次のページ》
/3369