teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


長岡市章

 投稿者:ベッCOME  投稿日:2008年 8月18日(月)11時05分37秒
  「都章道章府章県章市章のすべて」では、今回の画像の右側のほうが載っています。
制定年月日も不詳ということで、いわれだけしか記載されていません。

図書館で古い「市勢要覧」を探しても「マーク」だけで制定日は書かれていません。
その中で、20年代の後半のものだけに今回の画像の左側が見られます。
画像の右下は「1970年の市勢要覧」の複写なので、兜→結晶→兜 の順になっています。

全年代の確認はやっていなく、30年代以前の新潟年鑑にはマークが載っていないので…
現段階では、ここまでの情報しかもっていません。

あと「写真で見る日本」の見附市も「市勢要覧」で確認できていたので載せてみました。

http://1st.geocities.jp/ttgpm094/nagaoka.jpg

 
 

兵庫県の町章

 投稿者:ちき  投稿日:2008年 8月17日(日)17時40分34秒
  おかやんさん、こんにちは。お初にお目にかかります。サイト製作者の
ちきでございます。

古い町章の情報、ありがとうございます。高砂町、御影町、加古川町と
いずれも初見でございました。ゆくゆくはサイトの方に反映いたします。
いずれも貴重な資料ですね。マンホールサイトはたまに見ていまして、
安部さんのサイトは門司市の市章作成の際に参照した記憶があります。
きれいにまとまったサイトですね。

また、おかやんさんのサイトも拝見しました。ご自分撮影のものもそうですが、
投稿写真も多いですね。サイトの人気振りがうかがえます。

兵庫県の古い町章といいますと、須磨町、網干町、生野町、そして御影町の
資料は手持ちであります。しかし、私の手持ちの御影町は紹介いただいたもの
より前に制定されたもののようで、御影町が町章を変更していたのも今回判明
いたしました。

ネット上にもまだまだ多くの未知の市町村章が眠っていると思います。
また何かありましたら宜しくお願いします。ありがとうございました。
 

高砂町の徽章

 投稿者:おかやん  投稿日:2008年 8月17日(日)11時51分17秒
  初めまして、姫路に住む おかやんといいます。
私は市町村章の付いたマンホールのコレクターですが
市章などが分からなくて困る事も度々あります。

市町村章については ほとんど自分の身の回りの事しか分からないのですが
お友達に結構古い市町村章を調べていらっしゃる方があります。
安部さんと仰いますが http://www.rose.ne.jp/~perceus/index.html のHPの中に
旧高砂町の徽章のマンホールを展示していらっしゃいます。

私のHPにもぺこちゃんと仰る方から頂いた
神戸市と合併する前の旧御影町のマンホールがあります。

他に 加古川市の前身である旧加古川町のマンホールがありますが
こちらはかなり有名なのではないでしょうか?

もしかすると何かのお役にたつかもしれないと書き込みました。

http://www.geocities.jp/old_jj3hep/

 

町→市へ引継ぎ

 投稿者:ちき  投稿日:2008年 8月16日(土)18時44分54秒
編集済
  ベッCOMEさんこんにちは。資料の収集お疲れ様です。

今回も初めて見るマークが多く、早速活用させていただきます。貴重なものばかりですね。
この中で、駒ヶ根市は前述の『写真で見る日本』に同じマークが載っていました。また、怪しいといわれる中津川市も同書籍で現在と違うマークが記載されています。この2市は近いうちにサイトのほうにあげたいと思います。

秋川市は知りませんでした。告示日がおそらく平成4年となっていると思いますが、この年は市制施行30周年の年ですが、市章を変えていたんですね。えらく短命な市章となってしまったゆえに、日の目を見ることがなかったものですね。おそらく色も指定されていたんではと思います。

児島市は旧児島町からのものでしょうか。これは掘り出し物ですね。児島市の市章がわかっただけでもすごいと思うのですが、まさか旧章が存在していたとは…
新宮市共々近いうちに反映いたします。

水戸市は私も旧章だと思われる画像を持っています。その他、市章に引き継がれたと思われる萩町や笠岡町、桐生町や安来町といった画像がありますが、こちらも現在の市町村章が終われば追々追加していきます。

鹿屋市章は旧鹿屋町から引き継がれたものだと認識しておりますが違うんでしょうかね。

>質問です
長岡市の初代市章と思われる画像を確認したのですが、都章道章府章県章市章のすべてで長岡市の市章は私のサイトの旧市章と同じマークでしょうか。同じであれば制定日も教えていただきたく思います。

いつもありがとうございます。またよろしくお願いします。

オリンピックがひと段落しましたら更新いたします。
 

続々・市章

 投稿者:ベッCOME  投稿日:2008年 8月16日(土)15時40分11秒
  お久しぶりです。

いまのところ「旧市章」を市の出版物で集めることをはじめました。

前回からの成果というと、市章として制定されたもの「2」、慣習的に使われていたものであろう「2」ぐらいです。

見つかったきっかけは図書館のリファレンスを使い、市の発行物で旧市章の複写を取り寄せたときに「旧児島市」「消滅・(古くないほう)秋川市」がつれました。

まったくノーマークの都市でしたので喜び半面、30年代から40年代の「県年鑑」は全て見てみる必要があるかもしれません。

怪しいと思っている都市として「水戸市」「鹿屋市」「天童市」「山口市」「中津川市」などです。
家紋大図鑑 丹羽基二/著 秋田書店 1971 には(水戸・鹿屋・山口・新宮のマークだけが載っていますが、市勢要覧で市章だろうと確定させたものは新宮のみ)

次回のおじゃまできる機会があることを願って失礼します。

http://1st.geocities.jp/ttgpm094/akksk.jpg

 

3ヶ月以上存続の市

 投稿者:ちき  投稿日:2008年 6月30日(月)22時04分21秒
  ベッCOMEさん。またまた貴重な資料の紹介、ありがとうございます。

舞鶴市の現市章は東舞鶴市との合併後に制定されたものなので、旧章があると踏んでいましたが目論見どおりだったようです。拝見しますと旧舞鶴市の市章は市名を良く表したなかなかいい意匠だと思うのですが、現市章は東舞鶴市の市章を継承しているようですね。

国策により合併させられた経緯を持つ両市ですので、市章制定時にも紆余曲折あったと思いますが、その一端が垣間見られた感じがしました。近々にサイトにupしたいと思います。

市章のほうは大分数が揃ってまいりました。市名が3ヶ月以上存続した市の市章で未確認のものは赤間関市、飾磨市、大湊田名部市とこれくらいでしょうか。ただ、探すのは難儀なことですよね。これは経験者ではないとわからないでしょう。

こちらの手持としては鎌倉市の旧章くらいで他はありませんので、また何かありましたらお願いいたします。
飾磨市は
http://www.shikamakaiun.co.jp/fr28.htm
に参考記事があります。市章を参考に社章にしたもという事なので少し違うと思いますが、この意匠に似たものなのでしょう。これは地元で調べればわかりそうですね。

因みに、伏見市(町)章の制定は明治26年です。『伏』という字を図案化したものだそうです。昔は市章の意義など例規に載せている自治体はあまりなかったようで、こちらも探すのは大変ですね。
 

続・市章

 投稿者:ベッCOME  投稿日:2008年 6月29日(日)16時23分37秒
  またまたおじゃまします。

最近は、近くの図書館だけでは進展しないので、遠くの図書館のリファレンスなんかを使いだしました。
それでも「市章」+「その意義」のゲットとなると…マークだけの意義わからずは10以上になっています。

それでも古い年代の「市勢要覧」に新たなマークを見つけると感動があります。

↓伏見のものがアップされているのでもうもっているかもしれないですが、意義なしの2市章です。

http://1st.geocities.jp/ttgpm094/tsuru.ew.jpg

 

昭和30年代消滅の市章

 投稿者:ちき  投稿日:2008年 5月21日(水)21時06分45秒
  ベッCOMEさん、大変貴重な資料の紹介、ありがとうございます。

ご紹介いただいた市章は三本木市は東奥年鑑(東奥新聞社)、磐城・勿来市は福島県年鑑(福島民友新聞社)の古いものを地元の図書館で当たってみようと考えていただけに、行く手間が省けました。このほかに、市制施行日と市章制定日とを照らし合わせて隔たりが大きい場合は違う市章が使われていた可能性が大きいわけで、そのような市章を探すのも楽しみの一つであります。

青森県の三本木市はわずか1年半しか使われなかった市章で、ほとんど日の目を見ることのなかった市章ですよね。早速サイトのほうに反映いたしました。また、そのほかにもいくつか古い市章をあげておきましたので、よろしければご覧ください。

因みに、『写真で見る日本』はマークのみの掲載で、『都章道章府章県章市章のすべて』のように章の詳しい解説が載っているわけではありませんのでご参考まで。
 

市章

 投稿者:ベッCOME  投稿日:2008年 5月21日(水)14時22分47秒
  はじめまして
新潟県の柏崎に住む者です。

わたくしも市章に興味がありまして、(都章道章府章県章市章のすべて 望月政治1973
日本出版貿易)
をバイブルに現行の市章、1973年以降のものはすべてそろえていますが、
それ以前のものになると調べるにも体力、資金力が必要となり、あきらめていました。
しかし、ちさ様の「市町村章」をみて、近場の図書館の「写真で見る日本」を調べようと思っています。
たまたま、連休で東北の太平洋側を走ったドライブがてら手に入れた画像があるのでつかってください。
何種類かの画像はダウンロードさせてもらっています。
勝手ながら…有難うございました。

http://1st.geocities.jp/ttgpm094/oid-cm.jpg

 

気まぐれ

 投稿者:ちきメール  投稿日:2007年11月13日(火)19時58分6秒
編集済
  硬券復活さん、御無沙汰しています。
書き込み有難うございます。

作者の気まぐれにお付き合いいただき恐縮です。
駅の解説文作成に少々飽きが生じ、市町村章のほうへシフトしました。
方や文の作成、方や図形の作成とコンテンツは全く違いますが、
その違いが功を奏しているようでサイトの方も長続きしているようです。

検索サイトから市町村章関連のキーワードでちきページをご覧になる方が
結構いまして、そちらの方も励みになります。

ペース的にはそれほど速くありませんが、お楽しみいただいているということで
嬉しく思います。気長に更新をお待ちください。

>角川書店の「地名地理大辞典」
この本に市町村章が掲載されているのは知っていました。ただじっくり見た事はありません。市章を扱った本は結構あるのですが、市町村章というと最近刊行された小学館の物を除くとあまりないような気がします。

昭和56年ということで、まだ市制を敷く前の町村の章が結構載っていると思います。更新が行き詰った際にはこちらの書籍も当たってみたいと思います。情報、有難うございました。
 

レンタル掲示板
/28