teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:105/1212 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

我輩は変である

 投稿者:Tの弐乗・TAMA  投稿日:2011年 5月21日(土)03時27分11秒
  通報
  皆さんは「フローズン」という映画をご存知だろうか?
今ならまだツタヤの新作コーナーにあるかも知れないサバイバルホラーものと呼べばいいようなジャンルのもの。
内容はスキーに行った3人の大学生がリフトに乗っている最中にリフトが諸事情により停止し、そのまま遭難状態になるお話。いくら待っても助けは来ず、足元には狼が!!なスリリングな展開。
実に私好みな展開に「これ、ある意味実にリアルな展開で面白いから皆見てよ!」と家族に薦めて、観賞後、家族はそのスリリングな展開にドン引き苦笑い・・・。

その後、私は続けて、アニメの初代プリキュアを観た。
内容は、あるアイテムを探して、山奥の湖にハイキングに行く話だった。
頭の中で先ほど見た「フローズン」の映像が甦り、嫌な予感を覚えた。
案の定、アニメの定番の展開が繰り広げられる。
中学生の女の子が10メートル以上あろうかという崖から落ちて、膝をすりむく程度で助かり、川でおぼれている小熊を助けるために泳げもしない金槌のヒロインが助けにゆく。
どうにか小熊を助けたところに母熊登場!!
そう、すべてアニメではよくあるストーリー!気にすることはない!!
と思っても先ほど観た映画の似たような展開のシーンが何気にリフレイン・・・・。
きっと「フローズン」を観たことがある方ならば、こんな私に「ご愁傷様・・・」と声を
かけるだろう。

敢えて、いわせてもらう!!
食べ物に食べ合わせがあるように、映画やアニメにも観合わせというものがある!!

食あたり、ならぬ、観あたりに注意しようd--

p・s  最近、すごく面白いというか気持ちを和ませてくれるのはアニメ「けいおん!!」だねd^^    あずにゃん ぺろぺろ(爆)
 
 
》記事一覧表示

新着順:105/1212 《前のページ | 次のページ》
/1212