スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:283/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

  高興郡 「ハンセン病」小鹿島に100年たって上水道連結 (国民日報)の記事掲載!                  

 投稿者:  滝尾 英二メール  投稿日:2008年 1月19日(土)13時50分16秒
  通報
  -

 福留範昭先生から届いた「韓国の過去問題に関する7記事」のうち(3)高興郡 「ハンセン病」小鹿島に100年たって上水道連結 (国民日報)を『滝尾英二的こころ』と『滝尾英二的こころPart2』の掲示板に掲載します。翻訳し記事を届けていただいた福留範昭先生に感謝します。

                ‘08年1月19日(土曜日)  午後1時40分

                   人権図書館・広島青丘文庫  主宰 滝尾英二


 ******************************************************************************

  福留です。韓国の過去問題に関する記事を紹介します。

1) 人権委などの委員会の改編方針に、激しい反発 (聯合ニュース)
2) 姜昌一  「過去事関連委員会の廃止、国民的抵抗に直面するだろう」 (アジア経済新聞)
3) 高興郡 「ハンセン病」小鹿島に100年たって上水道連結 (国民日報)
4) 「慰安婦決議案」のエバンズ、修交勲章を受け取る (聯合ニュース)
5) 日、反日感情憂慮し、南京大虐殺記念館の展示内容の検討要請 (ニューシス)
6) 「在外同胞委員会」の新設に関し、解釈まちまち (聯合ニュース)
7) NYタイムズが太陽政策の行く末に注目 (朝鮮日報)

3) ******************************************************************************

[国民日報 2008-01-17 19:28]
【高興郡・「ハンセン病」小鹿島に100年たって上水道連結】


ハンセン病患者が収容された全南高興(コフン)の小鹿島(ソロクト)に100余年ぶりに上水道が供給される。18日、高興郡と国立小鹿島病院によれば、 この間地下水と井戸水などを飲んできた小鹿島の住民が質の良い水を飲めるようにするために、高興郡道陽邑(トヤンウプ)から小鹿島(ソロクド)まで上水道管を連結することにした。

郡はこのために30億ウォンを投入して来年上半期まで道陽邑~小鹿島の20km区間の上水道管設置工事をする。最小10㎝太さの上水管が敷かれるこの区間には、2001年1634億ウォンを投入して着工され、昨年秋夕(チュソク、旧盆)の時に臨時開通された道陽邑ノクトン里と小鹿島をつなぐ連陸橋 小鹿大橋の1.5kmが含まれる。

小鹿大橋は、国内唯一のモノケイブル式の吊り橋で、来年6月に正式開通する。郡は、工事費節減のために海底ではなく、小鹿大橋に沿って上水管をひく予定だ。これと共に、各家庭にも計量器などを付け、住民1人当り最大390リットル、平均300リットルの「飲み水」を遅くとも来年から供給することにした。

高興半島の端にあるノクトン港から1kmにもならない海を間にした小鹿島は、汝矣島(ヨイド)の1.5倍の4.42平方㎞の面積、海岸線の長さ14kmの小さい島で、1910年外国船教師たちがここにハンセン病患者を受け入れ始めた※。

[訳注: 滝尾英二氏の『朝鮮ハンセン病史』(未來社)には、1910年3月に「医療宣教師アービン、慶南道東莱郡西面に癩病院設立」とあり、朝鮮総督府によって小鹿島に「慈恵医院」が1916年2月24日に開設されたとある。]

その後、日帝が「小鹿島慈恵病院(ママ)(医院)=滝尾」を開院し、1982年国立小鹿島病院に変わった後も、ハンセン者を専門的に治療している。現在小鹿島には644名のハンセン者とその家族、医療スタッフなど721世帯912名が住んでいる。

国立小鹿島病院の関係者は、「広域上水道が供給されたら、今まで地下水と井戸水を沸かして飲んできたハンセン病患者の治療と住民の健康に多いに役立つだろう」と話した。

                             (高興= 張ソンウク記者)

     ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
-
 
》記事一覧表示

新着順:283/881 《前のページ | 次のページ》
/881