スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:248/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 水俣病センター相思社から次のような「水俣病に関する2つの集会」の案内が届きました。お知らせします!          

 投稿者:  滝尾 英二メール  投稿日:2008年 2月22日(金)16時38分51秒
  通報
 
        ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 水俣病センター相思社から下記のような「水俣病に関する2つの集会」の案内が届きました。『滝尾英二的こころ』、および『滝尾英二的こころPart2』の掲示板に掲載します。【転載歓迎】だそうです。皆さまのご参加をお願いいたします。

 人権問題や被差別状態にかかわる人たちが、連鎖・連帯して行くことは、市民運動の闘いの輪を拡げていくうえで大切だと考えています。

 「つくしんぼ」は、別べつに地上に生えていても、地下で「地下茎」は同じです。個別の闘いを越えて、市民運動が連帯していくことは、民主的政治が衰退している今日、とりわけ必要だと思います。

    ‘08年2月22日(金曜日)午後4時33分  人権図書館・広島青丘文庫 滝尾英二

        ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 皆さんこんにちは。水俣病センター相思社です。今日はイベントを2つご案内させていただきます。(転載歓迎)

                            2008/02/22

*** 目 次 *****************************************************
(1)もやい音楽祭(水俣)
(2)水俣病の教訓を次世代に伝えるセミナー(東京)
******************************************************************
─────────────────────────────────
(1)もやい音楽祭(水俣)
─────────────────────────────────
水俣病の被害や生涯を背負って生きることを体現する思い。そして、人を思い、恋をし、些細なことにも心をふるわせるそんなささやきを歌に込めて。

第1部 水俣病や生涯を背負った人の“心の詩”で綴るコンサート
第2部 わたぼうしコンサート(全国の生涯のある人たちの“心の詩”を歌うコンサート)

日時 2008年2月24日(日)
   11:30開場 13:00開演
場所 水俣市文化会館:入場無料

主催 水俣市・水俣市振興公社・もやい音楽祭実行委員会
問い合わせ もやい音楽祭事務局:もやい館 0966-62-3120;おれんじ館 0966-62-2111

─────────────────────────────────
(2)水俣病の教訓を次世代に伝えるセミナー
   ~水俣から何を学び、何を伝えるのか~(東京)
─────────────────────────────────

水俣病が昭和31年に公式確認されてから50年が過ぎましたが、水俣病問題は今なお大きな課題となっています。こうした中、発生地の水俣市や新潟県では、この負の経験を語り継ぎ、命や自然、環境とどのように向き合っていくかを学ぶ、新たな試みが広がって
います。

このセミナーでは、水俣病被害者であり、時代の証言者でもある水俣・新潟の語り部の方々に貴重な体験談をお話しいただきます。あわせて新潟・水俣の小学生交流事業、水俣市の小学校における環境教育、みなまた環境大学など、色々な立場の方から、新たな取組について、事例紹介をしていただきます。ぜひ、ご参加ください。

● 日時:2008年3月1日(土) 13:00~17:30
● 会場:丸ビルホール(東京駅丸の内南口徒歩1分・丸ビル7・8階)
         http://www.marunouchi-hc.jp/
● 対象者:教育関係者、学生、NPO関係者、一般市民
● 募集人数:300名
● 参加費:無料
● 主催:環境省

● お申込みについて
ホームページ(http://mizumidori.jp/minamata)の参加申し込みフォーム、もしくは、FAXにてお申し込みください。参加人数に限りがありますので、希望者多数によりお断りする場合があります。

● お問合わせ・参加申込み先 : (財)水と緑の惑星保全機構
東京都港区西新橋2-16-2, 3F;TEL: 03-3433-4454  FAX: 03-3433-4510
URL: http://mizumidori.jp/minamata
E-mail: minamata2008@mizumidori.jp
担当: 島田、遠藤

--------------------------------------------------------------------------------
◆プログラム

13:00~  開会挨拶

13:10~  時代の証言 水俣病語り部講演:水俣地域語り部 永本 賢二、新潟地域語り部 近 四喜男

15:20~事例発表(新潟):「総合学習を通して学んだ水俣病」;新潟県新発田市立天王小学校 5・6年生児童、「新潟水俣病問題に係る懇談会~環境と人権教育検討部会の協議概況」:同委員・上越市教育センター所長 寺田喜男。

16:10~事例発表(水俣・全国);「水俣市内での教育実践」:水俣市立水俣第一小学校教諭・立道一則、「みなまた環境大学の取組」、水俣市環境対策課・久木田美和子:「首都圏における情報発信」:地球環境パートナーシッププラザ・川村研治。

17:20~ 閉会

        ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
》記事一覧表示

新着順:248/881 《前のページ | 次のページ》
/881