スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:227/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 第9回 水俣病記念講演会 ― 目を開き、耳をすまして」 及び、この講演会の講師である大石芳野(写真家)さんのご紹介! 

 投稿者:  滝尾 英二メール  投稿日:2008年 4月12日(土)01時50分58秒
  通報 編集済
 

 <第9回 水俣病記念講演会 -目を開き、耳をすまして>
        ________________________________________________

日時  2008年4月29日(火・祝) 午後2時半~6時(2時開場)
会場  有楽町マリオン朝日ホール(東京都千代田区、776席、全席自由)
交通  JR有楽町駅より徒歩1分
    地下鉄日比谷線銀座駅A0出口、丸ノ内線銀座駅C4出口より徒歩1分
主催  水俣フォーラム、朝日新聞社
後援  東京都教育委員会、NHK、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
    西日本新聞社、共同通信、時事通信

講師   生駒秀夫(水俣病患者)
     富樫貞夫(法学者)
     井上ひさし(作家)
     大石芳野(写真家)
司会  ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

入場料 一般=当日2200円 前売1600円
     8枚綴り一般前売券10000円(主催者のみ取扱い)
     学生=当日1500円 前売1000円
     中学・高校生=当日1000円 前売700円
チケット販売 チケットぴあ・サークルK・サンクス・ファミリーマート・水俣フォーラム
         端末操作に必要な「Pコード」ナンバーは「612-091」です。

*チラシの配布にご協力ください。
 必要な枚数を下記までご連絡ください。すぐにお送りいたします。
*チラシのダウンロードはこちら >>> チラシ(PDF、約120KB)

お問い合わせ
  水俣フォーラム
   東京都新宿区高田馬場1-34-12 竹内ローリエビル401
   TEL:03-3208-3051 FAX:03-3208-3052
   E-mail:mf1997@mountain.ocn.ne.jp

            ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 この講演会の講師である大石芳野(写真家)さんとは、広島の被差別部落や長島愛生園・邑久光明園、そして韓国のハンセン病の「定着村」である益山農園などの取材と写真撮影のため、ご一緒した懐かしい方です。

 大石さんの写真集として『パプア人~いま石器時代に生きる』平凡社、1981年3月発行;1971年、1973年、1975年、通算7ヶ月取材期間をかけての大著(A5判で221ページ)です。その後、『カンボジア 苦界転生』講談社、1993年11月発行、『無告の民 カンボジア』岩波書店、1981年11月発行<これには、大江健三郎さんが「現代史への立ち会う仕方」を巻頭に書いておられます。)など多数あります。もちろん、ヒロシマの被爆者の個展も私は行きました。長島愛生園では、葬儀用と当時こころに決めて、滝尾の遺影となるような「写真」も撮っていただきました。

 幸いかどうかそれ以後、病気は多々ありますが、まだ彼岸にも行かずに、こうして私のホームページに、水俣病記念講演会の紹介と、当日の講師である大石芳野さんのご紹介を掲載しています(笑い)。ぜひ、多くの方がたがこの「水俣病記念講演会」へご出席されることを切望します。

    ’08年4月12日(土曜日)  人権図書館・広島青丘文庫  主宰 滝尾英二

             ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
》記事一覧表示

新着順:227/881 《前のページ | 次のページ》
/881