スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:222/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

<天引き年金、通帳見て高齢者怒り!>;2008年04月15日の“アサヒ・コム“(『朝日新聞』ホームページ)より

 投稿者:  滝尾 英二メール  投稿日:2008年 4月15日(火)16時54分36秒
  通報 編集済
 

 <天引き年金、通帳見て高齢者怒り!>;2008年04月15日の“アサヒ・コム“(『朝日新聞』ホームページ)より


 お年寄りに15日に支給された年金から、新しい医療制度の保険料が天引きされた。4月に始まった後期高齢者医療制度。介護に加えて医療の保険料も年金から自動的に天引きされた。「庶民の痛みが分からないのか」「年金問題も解決していないのに」。年金暮らしの人からは怒りの声が上がる。


 「やっぱり、こんなに少ないのか」。東京都文京区の男性(75)は15日朝、銀行を訪れて通帳を記帳した。医療制度の保険料2カ月分、4万5900円が天引きされ、振込額はいつもよりだいぶ少なくなっていた。「けしからん。社会保険庁は年金でいくつものミスを重ねておきながら」と憤る。

 男性は3月に75歳になったばかり。今月12日、社会保険庁から届いた「年金振り込み通知書」を見て驚いた。「後期高齢者医療保険料額 4万5900円」と書かれていた。区役所に保険料額について問い合わせた時は、「3月に75歳になる人は手続きが間に合わず、天引きは10月からになる」と説明されていた。改めて電話すると、やはり4月から天引きする、と言われた。

 「役所はいつも、こっちから『おかしいんじゃないか』と聞かないと、何も言ってこない」

 東京都江東区の公団住宅でひとり暮らしをする男性(81)は、新制度を「早く死ねということ」と受け止める。

 毎月の年金は約2万円。家賃に食費、光熱費、介護保険の自己負担分のすべてはとても賄えず、貯金を取り崩しながら暮らしてきた。だが、その貯金もあと2年ほどで底をつきそうだ。「このままでは餓死しかない。国会議員は二世、三世が多すぎる。庶民の痛みが分からず、こんなひどい制度を作った」と嘆く。

 新制度では、障害がある65~74歳も、本人が拒否を申し出ない限り、自動的に加入することになった。

 しかし、両足のまひで身体障害1級の認定を受けている江東区の男性(67)には、移行に関する知らせは何も来なかったという。男性は長男の勤め先の保険で被扶養者扱いだったため、保険料負担はゼロだったが、新制度では保険料を負担しなければならない。「『どちらを選びますか』という知らせもなく勝手に新しい制度に移すなんてもってのほか」と怒る。

 年金からの天引きに対し、「取りっぱぐれがなく、役所にとって都合がいいだけ」などの反発も出ている。

 「宙に浮いた年金」の被害者として年金記録の訂正を求めている東京都町田市の女性(79)は、「もらえるはずの年金がもらえないのに、保険料はしっかり取るなんて、順序が違う」と訴える。(南宏美)

      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
》記事一覧表示

新着順:222/881 《前のページ | 次のページ》
/881