スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:130/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 森山良子の『風~LE VENT~』をCDで聴きながら‥‥  (滝尾英二)                       

 投稿者:  滝尾 英二メール  投稿日:2008年 8月 5日(火)13時49分50秒
  通報
 

    森山良子の『風~LE VENT~』をCDで聴きながら

                  人権図書館・広島青丘文庫  主宰 滝尾英二

                     ‘08年8月5日(火曜日)  13:45


 連日の猛暑続きで、食欲がなく、「はやく秋が来ないか」と思う毎日です。この暑さも地球温暖化もあるような思いで、一体、われわれの住む地球はどうなっていくのか、非常に心配している私です。

 加齢による急速な体力と気力の衰え! 最近は近く(バスで2停留場のところの)整形外科クリニックスへリハビリなどするために通院しています。1週間借りていたCDを6枚返却するため、病院から「貸しCD店」へ行くのが精一杯。とうとう「カラオケ喫茶・城」へは行けませんでした。だから、少々、歌謡談義でも「ホームページ」に書くことにします。

 借りたCDの中に、森山良子の『風~LE VENT~』がありました。「さとうきび畑(1969年バージョン);作詞・作曲=寺島尚彦など18曲収録のフォーク・アルバムです。
「風」をテーマにした歌は多く、最近もNHK歳末紅白歌合戦で、秋川雅史が2年続けて「千の風になって」を歌っています。五木ひろしも「ゆめかぜ」を昨年、歌っていますが、なかなか評判のよい歌謡曲です。石川さゆりの「風に盆恋歌」、北島三郎の「風雪ながれ旅」「風の坂道」、杉良太郎の「すきま風」「風が吹くまま」、坂本冬美の「風に立つ」、THE BOOMの「風になりたい」など。THE BOOMの「島唄」にも歌詞に「風」が出てきます。吉永小百合・和田弘とマヒナスターズの「寒い朝」も「風」の歌でしょう。

 その詮索はおいて、森山良子の『風~LE VENT~』の10曲目に「風」(作詞:北山修、作曲:端田宣彦)があります。11曲目は「白いブランコ(作詞:小平なおみ、作曲:菅原進)」ですが、この歌詞の中にも「風に吹かれて」と「風」が出てきます。

 「風」というタイトルの歌は古くは竹下夢二、北原白秋らの詩に作曲したもの、百曲ホドノ作品カが存在するといわれています。米国でもBOB DYLAN作詞&作曲の「風に吹かれて」が、公民権運動とも結びつき著名です。「風」をテーマにしたフォーク・ソングでは、森山良子が歌った「風」(作詞:北山修、作曲:端田宣彦)が断然著名です。1969年に発表された<はしだのりひこ&シューベルツ>で、今日でもDAMリクエスト番号=1512-01で歌えます。日本の代表する名曲です。


「風」(作詞:北山修、作曲:端田宣彦)

人は誰もただひとり旅に出て
人は誰もふるさとを振り返る
(中略)
振り返らず ただひとり一歩ずつ
振り返らず 泣かないで歩くんだ

              ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 昨日(8月4日)の『朝日新聞』社説は、「ヒートアイランド―風と緑が熱汚染を防ぐ」と題する社説を掲載していました。その冒頭の部分をつぎに紹介しましょう。たいへん参考になりました。


ヒートアイランド―風と緑が熱汚染を防ぐ <2008年8月4日(月)付『朝日新聞』社説から>

 JR東京駅に立つデパート「大丸」の解体工事が昨秋、始まった。高さ約60メートル。東京湾からの海風を妨げるというのが主な理由だ。デパート自体は北側のビルに移った。解体が終われば、皇居の森へ涼風が通るようになる。これによって、皇居手前のビル街の風速が3割増すという。

 ヒートアイランド現象を和らげる日本の「風の道」第1号といえる計画だ。大阪市も、大阪湾からの海風を中心街に導き、都市を冷ます計画に今年、初めて予算をつけた。

■温暖化との「二重苦」

 ヒートアイランド。直訳すれば「熱の島」。郊外に比べ、都市中心部の気温がポツンと浮かんだ島のように高くなる現象だ。日本ではほとんど手付かずに残されたことから、「最後の公害」ともいわれる。

 こうした「熱汚染」は、熱がたまるコンクリートの建物やアスファルト道路で地表面を覆ってしまったことが大きな原因だ。建物や自動車からの排熱も高温化に拍車をかける。暑くなれば冷房を強め、その排熱でさらに暑くなる。熱の捨て場所を考えずに進んできた都市開発のつけが、そこにある。

 地球温暖化だけでも難敵なのに、ヒートアイランドが火に油を注ぐ。この100年の間に、東京の平均気温は3度上がった。うち1度が地球温暖化、2度が熱汚染の影響といわれる。大阪では最低気温が25度以下にならない熱帯夜が、ひと夏に50日近くある。

 健康被害も深刻だ。昨夏、東京では熱中症で病院に運ばれた人が1200人を超えた。環境省の調査では、夜の平均気温が30度を超えると、半数が夜中に目覚める。都心を襲う豪雨の多発も、熱汚染と無関係ではないようだ。(以下は省略します。=滝尾)
 
》記事一覧表示

新着順:130/881 《前のページ | 次のページ》
/881