スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:95/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 今日、広島赤十字・原爆病院を退院し、再度、病院を変えて、安佐市民病院へ再入院する予定です。(滝尾)          

 投稿者:  滝尾 英二メール  投稿日:2008年 9月 7日(日)00時12分34秒
  通報 編集済
   今日、広島赤十字・原爆病院を退院し、再度、病院を変えて、安佐市民病院へ再入院する予定です。9月1の深夜、体も手足も全く動かなくなり、その上、発言の不能となり、ぐるぐると天井が廻り、やがて意識は朦朧とし、意識が定かでなくなってきました。

 ともあれ、119番に妻が電話し、救急車で広島赤十字・原爆病院の救急病棟へ運ばれ、頭部のCTを撮り、また、血糖値を測定しました。頭部のCTには異常はありませんでしたが、血糖値は「32」で、症状は「低血糖性意識障害」と診断されました。家で口に入れて「飴玉」をしゃぶったので、救急車に乗せられた時の血糖値は「20代」ではなかったかと思います。

 症状の「低血糖性意識障害」が起きた理由は、簡単です。広島赤十字・原爆病院の内分泌科の主治医の指示で「糖尿病用薬・アマリール錠3mg」を朝食前と昼食の30分前に、各1錠づつ、計6ミリグラムを服用したことと、それに、相互作用として、「血糖降下剤・グリコラン錠250mg」及び、「グリコバイ100mg」を朝・昼・夕と各1錠を毎日、服薬するよう主治医から指示され、それを忠実に守ったことです。

 その「糖尿病用薬・アマリール錠3mg」を朝食前と昼食の30分前に、各1錠づつ、計6ミリグラムを服用しと、「血糖降下剤・グリコラン錠250mg」、「グリコバイ100mg」の自宅での服薬は、2002年5月以降、ずーっとつづけました。ところが、加齢のともなう体力の衰え、食生活の減少などは、この「糖尿病用薬・アマリール錠」一日、6グラムなどどの3薬の服薬する老齢になった私にとって無理があつたといわざるを得ませんでした。幻覚・幻聴が最近、しばしば起きるようになったのも、低血糖時に起きていたわけです。

 今年の6月に2週間、広島赤十字・原爆病院の内分泌科へ入院の際も、たびたび「低血糖」が起きて、その度に「ぶどう糖」を飲んで、血糖を上げていたという教訓が、私自身も、さらになぜ、その後の広島赤十字・原爆病院の内分泌科の医師ものれを生かして、「糖尿病用薬・アマリール錠」などの服薬をチェック出来なかったのだろうか、疑問を感じています。

 確かに、月平均血糖値(A1c)は6・0と低くはなっても、その裏側には「低血糖」という症状が常時起きていたということを忘れていたのです。私は気が付かなかったのです。もちろん、医師の多忙があり、患者と医師が話し合う機会が少なく、予約時間を午後1時30分だと決めても、実際の診察は3時30分まで待ち、それがまた「3~5分間診察」が広島赤十字・原爆病院の内分泌科では日常化しいています。医師も休みなく診察しています。午後4時ころには、もう医師はくたくただ、ということが、私には分るだけに、訴えたいことも、言いたいことも言えないのが、待っておられつ患者さんのことを思って、午前中の血液検査・尿検査のデーターだけを見せてもらって、薬の処方箋を書いてもらって帰るというのが実情です。


 広島赤十字・原爆病院にパンフレットには、「人道・博愛の赤十字精神のもと、人々の愛され信頼される病院を目指して‥‥」とその理念として書き、「基本方針」として「○患者さまの人権を尊重し、納得と同意に基づいた医療を提供します。」と書いても、それは絵空事に過ぎません。どこに「患者の納得と同意に基づいた医療を提供」があるのか、はなはだ疑問です。この度、広島赤十字・原爆病院の加療するのを変えようと思ったのは、以上のことからです。この問題は、今日の「日本の医療制度」に根ざしているだけに、その変更はなかなか困難だと思います。

 ながながと私の愚痴話しを読んでいただいて、感謝します。


 福留範昭先生から、「韓国の過去問題に関する4記事」が送られてきました。この4記事は『滝尾英二的こころPart2』の掲示板に掲載します。また、『滝尾英二的こころ』などには、「前文」と、「韓国の過去問題に関する4記事」の見出しを投稿します。福留範昭先生、と「聨合ニュース」を訳された森川静子先生に感謝します。

                       人権図書館・広島青丘文庫  滝尾英二

                       ‘08年09月06日(土曜日)23:58

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  福留です。韓国の過去問題に関する記事を紹介いたします。

1) 尹靜慕、歴史童話 『鳳仙花が咲く頃』 (聯合ニュース)
2) 日本ドキュメンタリー特別展、20日からソウルで (聯合ニュース)
3) 日本の次期総理 有力な麻生幹事長 (聯合ニュース)
4) 「妄言」麻生、日本の後任総理に有力‥‥韓日関係への影響に「触角」 (クッキーニュース)

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
》記事一覧表示

新着順:95/881 《前のページ | 次のページ》
/881