スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:42/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

  韓国のチャンギルの事務局長である金 在浩さんから、下記のような「新年に賀状」のメールが届いていました。 滝尾英二より

 投稿者:  滝尾 英二メール  投稿日:2009年 1月22日(木)22時45分36秒
  通報
  -

  韓国のチャンギルの事務局長である金 在浩さんから、下記のような「新年に賀状」のメールが届いていました。もう一度、小鹿島を訪ねて、ハラボジ&ハルモニの皆さんや、金 在浩さんなどの関係者たちとお会いしたいとも思いますが、現在の私の健康=こころと身体の健康が多分、ゆるさないでしょう。

 でも、金 在浩さんたちは「~小鹿島を訪ねると何時も滝尾さんのことを思い出します。」と言くれております。有難いことです。久しぶりに自分のパソコンの前に座り、私に送られたメールや友人&知人たちのホームページを拝読しました。こころおどる喜びでした。


 明日からは、少しづつではありますが、「滝尾英二的こころ」や「滝尾英二的こころ・第二部」の投稿原稿をその掲示板に掲載しようと思います。私が最近、特にこころを痛めているのは、ガサ地区のイスラエル軍の攻撃で、1300名を越すパレスチナの人びとが、殺されていることです。


 オバマ米国新大統領も、イスラエル軍の攻撃で、1300名を越すパレスチナの人びとが、殺されていることを具体的に大統領として発言しておりません。そして、イラクからの撤退を言いながら、アフガンの3万人の米軍の増強を選挙公約し、「テロとの闘い」だと称して、さらに3万人の軍隊の増強を強調しています。やがて、国際協調の名のもとに、日本アフガンへの支援・協調をせまってくるはずです。

 アフガンの自衛隊派兵に際して、私は、当時、衆議院議員であった川田悦子議員や、その息子の川田龍平さん(現・参議院議員)らと、永田町の「衆議院議員会館」前で、深夜の座り込みをしました。秋季でした。少数」でしたけれど、有意義で印象的な座り込みでしおた。あれから、歳月は経っております。米国のオバマ新大統領を一面的に非難や批判などはしませんし、平和の人権問題に大きな意義ある政策などを打ち出すでしょう。その点は評価しながら、アフガン派兵増強で、「テロとの闘い」を言い、さらにそれえを日本が容認し、追随することは、危険です。

 そうした流れを煽るような言動には、注意が必要です。アフガン問題の解決は、兵力増強などではなく、いかにしてアフガンの貧しい人たちを救済し、その地に平和をもたらすかです。その点、アフガンの人びとは、オバマ米国新大統領の就任を喜んでいないと、報道されています。

 こうした諸問題などを明日から、「滝尾英二的こころ」や「滝尾英二的こころ・第二部」の掲示板などに、投稿したいと思っています。


    人権図書館・広島青丘文庫   滝尾英二 (’09年1月23日; 22:45)
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 From: 金 在浩
To: 滝尾 英二
Sent: Friday, January 02, 2009 1:24 AM
Subject: 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
お元気でしょうか。今年も1月の7-10日にかけて小鹿島を訪ねます。
小鹿島を訪ねると何時も滝尾さんのことを思い出します。お便り下さい。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
》記事一覧表示

新着順:42/881 《前のページ | 次のページ》
/881