スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:25/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(1)緊急共同声明 第二次募集; (2)埼玉大学  感じ・考え・表現する『生の水俣』

 投稿者:  滝尾 英二メール  投稿日:2009年 3月24日(火)01時02分35秒
  通報
 
 先日、“緊急”共同声明には、多くの方がたの賛同があり、1週間で660人からの賛同があったそうです。賛同者一覧といて、「滝尾英二:人権図書館・広島青丘文庫 主宰」として一覧表に書かれていました。なお、緒方正人氏らと相談の結果、「政府が法案を撤回するまで続けよう」という事になりましたので、引き続き第二次募集を行うということです。

 趣旨にご賛同の方は、下記、水俣病センター相思社宛に、メール、FAXなどで賛同という意志をとどけて、<緊急共同声明二次募集>にご協力ください。

                人権図書館・広島青丘文庫 滝尾英二

                  2002年3月24日(火曜日)  0:48

*********************************************************************

2009年3月24日03:23 緊急共同声明二次募集

”緊急”共同声明には、多くの方々のご賛同をいただきました。ありがとうございました。
3月19日までの一週間で660人の方から賛同をいただきました。
引き続き二次募集を行っております。どうぞご協力ください。

                            2009年03月23日

*** 目 次 *********************************************************
(1)緊急共同声明 第二次募集
(2)埼玉大学  感じ・考え・表現する『生の水俣』
**********************************************************************

───────────────────────────────────
(1)緊急共同声明 第二次募集
───────────────────────────────────
(転載・転送歓迎)

”緊急”共同声明に、多くの方々のご賛同をいただきました。ありがとうございました。


3月20日に記者会見を開き、声明及び賛同者名を発表しました。19日の締め切り後も続々とご賛同の連絡をいただいております。

緒方正人氏らと相談の結果、「政府が法案を撤回するまで続けよう」という事になりましたので、引き続き第二次募集を行いますので、ご協力ください。

記者会見の様子はテレビ、新聞で報道されました。最終的に発表した声明及び賛同者名、並びに新聞記事などを掲載しましたので、ご覧ください。
http://www.soshisha.org/kanja/2009ogata_masato_seimei.html

賛同の輪を広げていきたいと思いますので、転載、リンクなどをお願いいたします。
(弘津)

───────────────────────────────────
(2)埼玉大学  感じ・考え・表現する『生の水俣』
───────────────────────────────────
毎年水俣を訪れている埼玉大学の学生さんたちが、埼玉で水俣を伝える催しを開催するそうです。情報を転送いたします。


***************転送大歓迎***************

私たちは大学1年生の時に安藤先生の授業で水俣について学び、その年の夏休みを利用して、有志の学生で現地水俣を訪れています。過去3回の合宿では、一年間の学びの総括として報告集にまとめるという形で学習をおえていたのですが、「もっと多くの人に私たちが出会った水俣の姿を伝えたい・・・」と思うようになりました。そんな思いが一つになり、今回、大学での学びを通じ私たちが出会った水俣の姿を伝えようと以下のような企画を行うことにしました。

Title:感じ・考え・表現する『生の水俣』

第一部『闘いの始まり』
第二部『不知火海へ』
第三部『「今」~閉ざされる悲劇と苦悩~』
第四部『みんなのちから』

大学で学び直した水俣病は、私たちが知らない水俣の姿だった。
その姿に衝撃を受けた私たちは、様々な想いを抱きながら現地水俣を訪れた。

そこで私たちを迎えてくれたのは“壮大な自然”そして“水俣病に向き合う人々”だった。その出会いに私たちは胸を打たれた。しかし、同時に見えてきたものは、未だ解決されていない水俣病の問題であった。

公式確認から53年経った今も問題は解決されないまま時だけが過ぎていく。
日本から水俣病が忘れ去られる前に、私たちが学び、出会った水俣の姿を多くの人に伝えたい。


私たちが大学に入り、学び直した水俣病。その学びのプロセスで感じ、考えたことを軸に置きながら、その想いを等身大で表現します。当日は、鹿児島県出水市から水俣病患者の中原八重子さん、患者家族の中原新之介さんをお呼びし、お話ししていただくと共に、お二方と私たちとの交流の中で生まれた歌を披露したいと思います。

是非ともお越し下さい。一同心からお待ちしております。

日時:3月31日(火) 18時半開演(18時開場)
場所:浦和PARCO 9階 コムナーレ 第15集会室(JR浦和駅東口徒歩1分です。詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.kanri-kousya.or.jp/shisetsu/com_urawa.html#a04

【入場無料】です。

主催:埼玉大学教育学部コラボレーション教育専修 水俣合宿2008
お問い合わせ:minamata2008@yahoo.co.jp
***********************************

--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

※ネットワークこそが相思社の力です。ご意見、ご感想、ご叱責等なんでもお
知らせいただければ幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
財団法人 水俣病センター相思社
〒867-0034 熊本県水俣市袋34番地
電話 0966-63-5800/FAX 0966-63-5808
Web Page http://www.soshisha.org/
E-mail  info★soshisha.org
           (★を半角@に変更してください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
》記事一覧表示

新着順:25/881 《前のページ | 次のページ》
/881