スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:19/881 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 誤魔化しは、いいかげんにして欲しい!                    (滝尾英二)               

 投稿者:  滝尾 英二メール  投稿日:2009年 4月21日(火)06時08分22秒
  通報
 
 【 誤魔化しは、いいかげんにして欲しい。】


  人権図書館・広島青丘文庫  滝尾英二  (‘09年04月21日・火曜日:早朝)


 スモンの会全国連絡協議会編『歴史に刻印する人間回復の記録: 薬害スモン全史・全三巻』(1981年6月、労働旬報社発行、セット定価 2万3100円。第一巻<被害実態篇、534ページ>。第二巻<裁判篇、586ページ>。第三巻<運動篇、635;ページ>。

 水俣病問題に関してはおびただしい歴史書が発刊している。文献検証:水俣病
新潟水俣病被害者の会, 1996. 6. 有明海第三水俣病 : 水俣病の底辺をさぐる / 山口誠哉著. -- 国際環境科学 研究所, 1991 .... 水俣病裁判全史 / 水俣病被害者・弁護団全国連絡会議編 ; 第1巻 - 第4巻. - - 日本評論社, 1998. 95. 水俣病事件四十年 ...

水俣病裁判全史 1, 水俣病被害者・弁護団全国連絡会議編, 日本評論社, -, [書誌]. c/n, 4-535-51131-4, 水俣病裁判全史 2, 水俣病被害者・弁護団全国連絡会議編, 日本評論社, -, [書誌]. c/n, 4-535-51132-2, 水俣病裁判全史 3 ......

毎日出版文化賞
水俣病研究会編『水俣病事件資料集 全二巻 1926-1968』(葦書房) などなど。


 ところで、「ハンセン病訴訟」に」関して、まともな「全史」が発刊されているのだろうか。資料批判を経た『ハンセン病、裁判全史』の発刊である。担当弁護士たちの極めて主観的な本が出されていることは、私も知っている。しかし、あれは資料批判を経た『ハンセン病、裁判全史』とは言いがたい。『~最終報告書』が出されたとはいえ、あれは玉石混合の個人レポートを寄せ集めたものにすぎない。私の著書など引用した「ソロクト・報告書」など、私の著書からのつまみ食い。誰が書いたのか、存ぜぬが、滝尾英二編・著である『植民地下 朝鮮におけるハンセン病資料集成』全8巻さら、ろくすっぽ、読んでいるとはいえないし、私は『~最終報告書』のようなことは、編著の内容に書いていない。


 『~最終報告書』の不十分さは、今年も「ハンセン病市民学会」で鹿児島県の鹿屋で「第五回総会・交流会」が、5月9日・10日に行なわれるそうだ。その予告発表を見る限り、大した期待は持てそうにない。昨年度の『年次会報』?も、今年は未完で、未だ出版されていないという。昨年の秋以来、島田等」さんの「満13回忌」を三重の海上をして、私は研究生活を自己の意思で捨てた。だから、この一文は思い余って書いた「もうろく」爺のこの世に残す「遺言」だと思って、読んで欲しい。今日は一日、「デイ・サービス」で介護をしてもらう、準備を始めたいと思う。
 
》記事一覧表示

新着順:19/881 《前のページ | 次のページ》
/881